会社設立のときに頼れる税理士 - 福岡会社設立ナビ 税理士編

HOME » 福岡の税理士に聞く会社設立 » 会社設立のときに頼れる税理士

会社設立のときに頼れる税理士

会社設立01

今、会社設立するときに頼れる税理士が注目を集めており、設立手続きの段階から専門分野に特化した税理士に依頼する経営者が増えているそうです。
これまで税理士と言えば基本的に税金に関することをメインに扱っているので、会社の税務をやってもらうにしても営業開始してからというのが一般的でしたが、それだと会社設立までの段階ではほかの専門家に依頼しなければなりませんし、それと並行して顧問契約をしてくれる税理士を探さなければなりませんので、手間もお金もかかってしまっていました。

しかし専門分野に特化した税理士が増えたことによって会社設立手続きについても相談できますし、営業開始してからの税務についても並行して相談できるので一石二鳥なのです。
また、ほかの専門家にかかっていたコストも必要ありませんので、コスト削減も可能になりますから、いろいろな角度から見てもひとりの税理士に依頼するだけいいというのはメリットが多いのです。

会社設立手続きの最初の山場となるのが定款の作成だと思いますが、定款の作成は公証人にやってもらう場合、印紙代の40,000円が必要になります。
そのため、電子定款を選択する人がほとんどで、電子定款であれば印紙代もかかりませんので40,000円もコストカットすることができます。

ただ電子定款にする場合、専用のソフトが必要になりますし専門的な知識も必要になるため、司法書士や行政書士など書類作成のスペシャリストに依頼するのがこれまで一般的だった方法です。
しかし電子定款に対応している税理士であれば、わざわざ別の専門家に依頼する必要がないので助かります。

株式会社を設立するなら定款を作成した後は認証手続きをして、その後資本金の払い込みを行い法務局で登記申請を行います。
登記申請を行うときにも必要書類を準備しなければなりませんが、会社設立手続きに特化した税理士がいれば何を準備すればいいのかもわかりますので、別で依頼する必要がありません。

ただし登記申請の代行をしてもらう場合は司法書士しか対応していませんので、代行を希望するのであれば別で司法書士に依頼する必要があります。
それでも必要書類さえそろっていれば基本的に法務局へそれらを提出するだけですから、大きな問題もありませんし自分だけでも十分できます。

このように専門分野に特化した税理士がいれば会社設立手続き~営業開始してからも力になってくれるのでとても心強いです。