会社設立は合同会社が人気 - 福岡会社設立ナビ 税理士編

HOME » 福岡の税理士に聞く会社設立 » 会社設立は合同会社が人気

会社設立は合同会社が人気

会社設立

会社設立とは言っても、株式会社にするのか有限会社にするのか、はたまた合資会社なのか合同会社なのか迷っている方もいるでしょう。
実際に正解も不正解もなく、会社設立は自分自身が思い描いた通りにやってみるのが良いです。
ただ、近年はその手軽さと安さから、合同会社を設立する人が多くなっています。
通常の会社設立で一番知名度がある方法としては、やはり株式会社としての設立でしょう。
ただ、近年はそれを上回るほどの勢いで合同会社が勢いを増してきています。
もちろん、まだまだ日本では株式会社の信用度が大きいので、株式会社による会社設立がダントツで人気です。
しかし、合同会社の人気も徐々に高くなり、もしかすると今後は合同会社という形で設立することが多くなっていくかもしれません。

合同会社というのは、文字通り合同で会社を設立することを意味しています。
とても簡単に説明しましたが、それぞれが会社に必要な資本金などを用意し、各種代表を決めて設立するのが合同会社です。
株式会社の場合は株式を発行して、それに対して株主を集め、そこから資金集めが可能となっています。
しかし、合同会社の場合は自分たちで資金を集めて、それによって事業を展開させていくことができるのです。
つまり、利益が出た場合は、自分たちで分配することができます。
株主会社とは違って配当金などに悩まされることもなく、より自由な経営がおこなえるでしょう。
事実、株式会社はとても人気ですが、株主が会社の株を持っているため、その指示や意見を飲み込まなくてはならないこともあります。
しかし、合同会社の場合はその悩みも抱かなくて良いと言えるでしょう。
総合的に見ても、比較的楽に設立できるのが合同会社最大の魅力です。

ただ、もちろんですが日本ではまだまだ株式会社の信用度が大きいです。
世間的に似ても、やはり株式会社と合同会社であれば、株式会社の方が社会的な地位も高いと言えるでしょう。
具体的な差などを決めているわけではありませんが、そこはしっかりと考えておくことが必要となるのではないでしょうか。
少なくとも会社設立が世間に与える印象は、その形態によって違ってくるということです。
そこを理解して、どのような形式での会社設立にするかを考えてみてください。
もちろん何が正解とも不正解とも言えないので、自分たちがやってみたいと思う形でやってみることをおすすめします。
そうすれば、先が見えてくるでしょう。