開業支援を税理士に依頼すると費用を抑えられる? - 福岡会社設立ナビ 税理士編

HOME » 福岡の税理士に聞く会社設立 » 開業支援を税理士に依頼すると費用を抑えられる?

開業支援を税理士に依頼すると費用を抑えられる?

福岡で会社設立をしようと考えている方の中には、会社設立をするにはどの程度の費用がかかるのかを知りたいという方も多いです。
また、会社設立を自分だけでは準備をすることが難しいので、税理士に依頼するべきか、司法書士や行政書士に依頼するべきか悩んでいるという方もいます。
それから、もし税理士に依頼した時の費用はどのくらいなのかなど、様々な疑問や悩みを持つ方も少なくないです。

福岡で開業するためには様々な費用が必要になりますが、自分で株式会社設立をする場合に最低限かかる費用は、合計で約242,000円程度です。
その内訳は、定款認証印紙代4万円・定款認証手数料5万2000円・登録免許税15万円です。
一方開業するにあたって手続きを税理士に依頼した場合の費用は、合計で約262,000円〜302,000円程度になります。
その内訳は、定款認証印紙代なし・定款認証手数料5万2000円・登録免許税15万円・司法書士手数料3万円〜5万円・税理士手数料3万円〜5万円です。
定款認証印紙代なしというのは、電子定款にすることで紙に出力する場合と違い印紙代が不要になるからです。

このように費用を見ると税理士に依頼する方が設立費用としては高くなってしまうと感じるでしょうが、実は安く抑えられるケースの方が多いのです。
それはどうしてかというと、会社設立後の税務に関連する業務を委託する税務顧問契約を同時に行うことで、税理士や司法書士の手数料が無料になり総額で20万円強というケースになるからです。

税理士は開業後の業務を支援できる代表的な専門家で、どうしても税理士が必要となる場面が出てきます。
また、開業するにあたって必要となる事業計画書の作成はとても面倒ですし、融資を受けるためにも税理士の存在は必要になるのです。
この点を考えても福岡で会社設立するにあたって税理士との顧問契約も同時に行うことも検討してみる価値はあると言えます。
特に、顧問契約をすることで起業支援にかかる報酬が無料になることを考慮したら、最初から税理士に依頼する方が開業費用を抑えられるのでお得です。