福岡で会社設立する際に税理士を必要とする理由は? - 福岡会社設立ナビ 税理士編

HOME » 福岡の税理士に聞く会社設立 » 福岡で会社設立する際に税理士を必要とする理由は?

福岡で会社設立する際に税理士を必要とする理由は?

福岡で会社設立しようと考えている方もいるでしょうが、その際に必要となる様々な手続きを、税理士に依頼するか迷ってしまうことも少なくないです。
そこで、福岡での会社設立における税理士の役割と必要とされる理由を知っておくと参考として役立ちます。

会社設立で税理士が必要となる理由の1つ目は、会社設立するために必要となる融資が受けやすくなるというのがあります。
一般的に銀行は会社の実績などから返済能力を審査して、融資実行の可否の判断をするので、これから会社を設立しようという場合には、一般の融資と同じようにはいきません。
その為、事業計画の内容・経営者の経歴・人間性・保証人や担保・自己資金などで判断するのですが、そうした審査材料となる書類の作成で、税理士の専門知識が手助けになるのです。

必要となる理由の2つ目は、会社設立に置ける手続き処理などに気を奪われて、節約感覚を忘れてしまうことも少なくないです。
特に税務については設立時に決断した選択がその後に大きく関わり続ける場合もあるので、設立時に誤った判断をしないことが重要になります。
その点、税務の専門的ノウハウを持った税理士がサポートしてくれると、大きな節税になるメリットを生む可能性があるのです。

必要となる理由の3つ目は、無事に会社設立が完了しても税務の届出や決算の申告や所得税の源泉徴収事務、会計記帳の義務など山のようにある税務の処理を行う必要があります。
特に法人の場合には誤った税務会計を行うと、税務署の調査が入った際に、大きな損失を負う可能性も考えられます。
このような税務会計を専門家である税理士にお願いすることで、大きな損失を受けるようなリスクが回避できることは大きなメリットになります。

また専門的な知識によって、しっかりとした節税へとつなげてもらえることもメリットです。
それから会社設立後に税務署や税務事務所に税務の届出が必要で、そうした届出についても助けてもらえることも、会社設立で税理士が必要となる理由になると考えられます。