手続きを含め税理士に依頼すると良い - 福岡会社設立ナビ 税理士編

HOME » 福岡の税理士に聞く会社設立 » 手続きを含め税理士に依頼すると良い

手続きを含め税理士に依頼すると良い

福岡で会社設立する際に、税理士・司法書士・行政書士と言った士業に会社設立代行を依頼する方も多いです。
しかし会社設立登記に関する全てのことができるのは司法書士だけで、行政書士や税理士は定款などの書類作成までしかできないのです。
ただ、福岡で会社設立する際に信頼できる税理士がいるのなら、税理士に会社設立手続きについて相談することもおすすめです。

その理由は、税務署関連の手続きを税理士が代行してくれるからで、実は税務署への書類提出や社会保険への加入など設立時に必要な届出は多岐に渡ります。
設立登記の手続きには税理士は必要ないのですが、設立時という忙しい時期にこうした手数がかかる業務もあるので、税理士に依頼すると本業に集中することができるので助かります。
ちなみに、会社設立登記申請については提携する司法書士や行政書士を紹介してもらえるので安心です。

また会社設立時に必要となる事業計画の策定・会社の目的の決定・助成金に関してなど、設立後も会社が健全に活動できるように設立に必要なアドバイスを積極的にしてくれます。
特に会社設立時は資金的にも余裕がないので、助成金についての相談などのサポートを受けられることは大きなメリットになります。
ちなみに、金融機関から融資を受ける手続きについても、税理士がいると書類作成などで安心できます。

それから決算時に税理士の力を借りることが一般的で、会社設立後に税理士と顧問契約を結ぶことが多いことを考えると、会社設立時からお付き合いしておくメリットは大きいのです。
実際、会社設立よりも設立後の運営が本番で、設立後に会計・労務・資金調達など様々な問題が生じることも考えられ、それに関して適切なアドバイスを受けられることは重要です。

このように設立前・設立時・設立後といったトータルのサポートが受けられるので、福岡で会社設立するのなら税理士に依頼することがおすすめです。
ちなみに、顧問契約を条件として会社設立時の費用や税務署関連の届け出の代行料を良心的な価格にしている場合も多いです。