会社設立後に税理士と顧問契約した方が良い? - 福岡会社設立ナビ 税理士編

HOME » 福岡の税理士に聞く会社設立 » 会社設立後に税理士と顧問契約した方が良い?

会社設立後に税理士と顧問契約した方が良い?

福岡で会社設立をしようとしている方の中には、会社設立後に税理士との顧問契約した方が良いのかを悩んでいる方も少なくないです。
また、設立後に税理士と顧問契約する必要性を認識していても、法人税の申告の際に探せば良いとか、自分で何とかできるなどと考えている方もいます。

しかし設立後の経理業務としては、税務署・県税事務所・市区町村への税務の届出を行う必要があります。
それから毎月の会計記帳関係としては、複式簿記にて全ての取引仕訳を記帳する必要がありますし、3期目からは消費税の申告義務も発生してきます。
経営年度が長くなってくると税務署による税務調査が入る可能性も高くなるので、こうした書類をきちんと揃えておく必要がありますし、経理の全てを自身で理解しておかなくてはならないのです。
ただ現実的には、そうしたことを面倒に感じてしまうため、不可能に近いと考えられるので、会社設立後の早い段階で税理士との顧問契約した方が良いと言えます。

また福岡の多くの会社で税理士と顧問契約を締結しているのはメリットがあるからで、そのひとつは会社設立後に顧問契約すると税務に関する適切なアドバイスが受けられます。
会社設立後はまだ利益がないので大丈夫と考える方もいるでしょうが、税務の専門家による法令に基づいた的確で有利なアドバイスは最初から必要なのです。
また確定申告などの税務申告が行われる際に適正で有利な税務処理が行われることも大きなメリットになります。

月次決算で会社の損益・資金繰りなどのチェックと報告をしてもらえるので、的確な経営分析と財務診断ができます。
また、将来の資金繰り計画や経営戦略の立案などにも活用できるので、経営者の経営判断をサポートしてくれるといったメリットがあります。
それから税理士には中小企業経営に必要となる様々な情報が集まるので、中小企業経営に必要な経営情報をいち早く知ることができることもメリットと考えられます。
このようなことから福岡で会社設立後に、税理士との顧問契約が必要で大切なことが理解できると言えます。