会社設立する際に税理士に依頼するメリットは? - 福岡会社設立ナビ 税理士編

HOME » 福岡の税理士に聞く会社設立 » 会社設立する際に税理士に依頼するメリットは?

会社設立する際に税理士に依頼するメリットは?

福岡で会社設立する際に、会社設立の登記に関しては司法書士が行うべきもので、自治体役所への手続きは行政書士の業務の範疇なので、こうした士業に依頼するケースは多いです。
ただ、もうひとつ税務を専門分野とする税理士に依頼するケースもあるのですが、会社設立を税理士に依頼するメリットにはどのようなことがあるのでしょうか?

会社設立を税理士に依頼するメリットの1つ目としては、面倒な手続きに時間や手間を取られないというのがあります。
会社設立においては、資本金や設立費用以外にも用意すべきものがたくさんありますし、多くの書類を揃える必要や税務署への各種届出、登記申請など様々な手続きが必要です。
特に、会社設立時の手続きは節税に大きく影響してくることなので、それを理解した上で必要書類を作成しなければ思わぬ損をしてしまうこともあるのです。
こうした作業を税理士に依頼すれば複雑な事務手続きに煩わされることなく、安心して会社設立に専念できるので大きなメリットになります。

2つ目のメリットは、節税に関する適切なアドバイスが得られることです。
先にも触れましたが、会社設立時に節税のため税務上行っておきたい手続きが存在します。
しかし、その際にたった一枚の書類を提出し忘れたことで、数百万円もの税負担が増えたというケースも少なくないのです。
また、毎年のように改正され複雑化する税法を把握するためには膨大な時間と手間がかかるので、税理士に相談しながら事業を始められることはメリットになります。
税務のことは専門家の税理士に相談すれば、専門知識を取り入れたアドバイスを受けられますし、有効性の高い節税対策も検討できるのです。

3つ目のメリットは、資金調達や資金繰りのサポートを受けられることです。
会社設立する際に資本が少なく融資を必要とするケースは多いのですが、新規事業で金融機関から融資を受けることは非常に厳しいものとなります。
その点、資金調達を上手に活用できる方法を把握している税理士がいると、事業に適した的確なアドバイスを受けることが可能です。