ベンチャー企業が会社設立から税理士に依頼するメリットは? - 福岡会社設立ナビ 税理士編

HOME » 福岡の税理士に聞く会社設立 » ベンチャー企業が会社設立から税理士に依頼するメリットは?

ベンチャー企業が会社設立から税理士に依頼するメリットは?

福岡でベンチャー企業を立ち上げようと考える方もいるでしょうが、会社設立を税理士に依頼することも検討すると良いです。
ただ一口に税理士と言っても得意分野は様々で、安定期の企業運営や税務署対策が得意な税理士もいますし、相続税が得意な税理士もいます。
また、ベンチャー企業などの会社設立から成長期の企業支援までトータルで携わることを得意とする税理士もいます。
福岡でベンチャー企業を立ち上げる際に、会社設立を税理士に依頼するのなら、会社設立から成長期の企業支援までトータルでサポートしてくれる税理士がおすすめです。

このような税理士がおすすめの理由は、常に会社の状況を認識することで早い段階から利益や損失が見えるため、早く効果的な施策について意見を交わすことができるからです。
ベンチャー企業を安定軌道に乗せて成長させることはとても大変なことですし、経営者はどうしても孤独になりがちです。
そのような状況の中で、パートナーのことを良く知ってくれて、真剣に向き合ってくれる第三者の税理士がいることは心強いものです。
また、そうした税理士がいてくれると経営者としては、本来自分がしなくてはならない業務に集中することが可能になります。
つまり経営者のパートナーとしての役割と、税務会計業務を請け負うという役割の2つを担ってくれる税理士は、ベンチャー企業には必要不可欠といえるのです。

では実際、会社設立から税理士に依頼して顧問税理士になってもらうと、どのような変化があるのでしょうか。
まずは、資金のプロという視点で抑えるべきコストを客観的にアドバイスしてくれるので、その時に適した資金の有効活用ができるようになるという変化があります。
それから利益が発生しているからと言って会社が健全な状態かどうかは分からないことで、特にベンチャー企業には当てはまる内容と言えます。

その為、会社の健康状態を常に把握して早急の対処を講じるのが社長の仕事で、それに必要となる客観的に見た自社の健康状態を常時把握できるのが税理士です。
つまり顧問税理士がいることで安心できると言った変化が得られるのです。