福岡で会社設立しようとして税理士に依頼をするのなら - 福岡会社設立ナビ 税理士編

福岡で会社設立しようとして税理士に依頼をするのなら

【福岡で会社設立する際に依頼できる士業は?】

福岡で起業しようと考えている方もいるでしょうが、会社設立に関連する士業としては、税理士・司法書士・行政書士がいます。
どの士業に依頼してもあまり違いがないと考える方も少なくないでしょうが、それぞれの士業によって得意領域などに違いがあります。
福岡で起業する際に士業に依頼しようと考えているのなら、それぞれの特徴や役割を理解して依頼先を検討すると良いです。

起業する際に福岡で税理士に相談される方も多いですが、会社設立に関連する税理士の役割は何なのかを知っておくと役立ちます。
税理士は、あくまでも税務・決算についての専門家で、会社設立に関する登記関連業務や事業の許認可に関しては専門家ではないと言えます。
その為、会社設立に関する登記関連の手続きについても、書類作成までの手伝いのみで、許認可についても申請で時間がかかったりすることも考えられます。
しかし多くの税理士事務所では、司法書士や行政書士と連携をしているので、そうした手続きについても心配することなく依頼することができます。
また、税理士に依頼するメリットがたくさんあるので、そのことを考慮すれば税理士に依頼するのも賢い選択になるとも言えます。

【税理士に依頼するメリットと言えることは?】

税理士に依頼するメリットは、税務の専門家ということで税法の範囲内で活用できる節税対策を提案してくれるので、無駄な税金を払わない対策ができることです。
また、福岡で会社設立する際や設立後の運営において、大事になることは融資などの資金繰りです。
その為に必要となる融資制度にはどのようなものがあるのか、融資を上手に受けるためにはどうすれば良いのかなどをアドバイスしてもらえます。
近年は、ものづくり補助金・創業補助金・小規模事業者持続化補助金など、中小企業向けの補助金が促進されています。
税理士は、こうした補助金の申請を積極的に支援してくれるので、とても頼りになる存在となります。
ベンチャーサポート税理士法人のようにベンチャーに強い税理士を探すと安心です。

また税理士は、創業計画書や事業計画書の作成、融資のために決算数値をどう落とし込んでいくかなど、融資を通すために必要なノウハウを持っているので安心です。
このような補助金や助成金に関する面は、税理士に依頼する大きなメリットになると考えられます。

また会社設立時から引き続き税理士に税務・決算などを依頼すると、自分の会社の業績や財政状況を毎月正確に把握してくれて、今後の税金の支払いなど様々なアドバイスをしてくれることもメリットになります。
それから自分の会社の財務状況を周知していることから、経営に関する適切なアドバイスもしてくれます。

【税理士というパートナーができることは?】

このように会社設立を税理士に依頼することは、会計や税金について任せるだけではなくて、経営のことを何でも相談できる良きサポーターにもなって貰えます。
常に経営者に対応することを心がけてくれるので、会社のことやそれ以外のことも何でも相談できる良きパートナーになってくれることが税理士の魅力と考えられるのです。
このようなよきパートナーとしての税理士を探して依頼できれば、経営者にとっては非常に心強いことになります。

特に心強いパートナーと感じられるのは、税務調査に入られることがあった時です。
会社設立した以上は税務署に税務調査に入られることも考えられることで、法人税法に従い適正な記帳・申告を行う必要があります。
税務調査は国税局のシステムから抽出されて対象先法人が絞られ、そこから調査先が選ばれます。
もし適正な記帳・申告していないと、税務調査により多額の追徴税額が取られてしまうことや延滞税などの罰金が課されてしまう可能性も考えられるのです。
税理士がいれば適正な記帳・申告を行うことができるので、このようなリスクを回避することも可能になるため、税理士をよきパートナーにできたことにメリットを感じられると考えられます。

【税理士に依頼するタイミングは?】

福岡で会社設立を検討している方は、会社設立代行業者として税理士・行政書士・司法書士などに依頼することが多いです。
ただ先にも触れましたが、本来会社設立の手続を代行できるのは、公証人役場での定款の認証の代行については行政書士、法務局への登記申請は司法書士となっているのです。
では、税理士に依頼するタイミングは、会社設立後でも良いのではないかと考える方も少なくないです。

しかし、税理士法人の多くは行政書士や司法書士と連携してワンストップのサービスをしていますし、設立後の税務顧問の契約が前提の場合には設立手続を無料で対応してくれるところが多いのです。
会社設立後の税務・会計も必要になるのなら、会社設立時に依頼する方がタイミングとしては良いと考えられます。

ただ、設立時から税理士に依頼するのではなくて、起業後の様子を見てから税理士に依頼するといった考える方もできるので、一概にどのタイミングという正解とは言えません。
税理士に依頼するタイミングは会社設立時と起業後の2通りがあるので、しっかりと検討して適切な方を選択すると良いです。